日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2047_1
  • 2047_2

「縁 to days a week」

多くの日本人にとって日本の伝統的な住宅は自然と懐かしさを感じる空間である。そこには山神たちの工夫や美学がふんだんに盛り込まれ、日本独特の空間となっている。今回の提案は日本人にとってはどこか懐かしい、そして海外からの来訪客にとっては新しい、日本住宅という空間をもとにして新たなコミュニケーション空間を持つユースホステルである。

日本の伝統的住宅は3つの要素を持っている。下地窓や欄間に見られる「日本人独特の美意識」、土間やふすま、縁側といった「ゆるやかな境界変化」、畳や布団の「床の文化」の3つである。これらをユースホステルとして再構築し、ユースホステルに求められる「プライベートとパブリック」「コミュニティ形成」「様々なニーズ」に対応する。
構成としては窓を取り払い外となったビルのフロアに環状に内部空間を作ることにより、外、内部、中庭という3つの空間の段階を作る。それぞれを庭、内部、内庭と名付け、それぞれに見合った役割を与える。例えば内部は寝室であり、庭はコミュニティスペースといった具合である。そして境界や交わりを操作していく。
具体的な操作として、内部を構成する壁にふすまなどを使うことにより透過性を与え、さらに壁そのものに縁側やキッチンといった機能を与えることにより、庭・内部・内庭に人々が集う空間をつくる。その3つにガラスという曖昧な境界を持つパブリックな内部空間を挿入することにより、3つの空間を交わらせる。最初の3つに加え、パブリックな内部空間であるガラスチューブを含めた4つの空間と、その4つの空間の交わる部分により、様々なコミュニティ空間がつくられ、それらがゆるやかにつながる。

以上のように構成されたユースホステルでは人々が思い思いの場所で過ごし、無理のない交流を測ることができる。さらにそれらの空間は日本住宅の要素で構築されていることにより、十分に日本文化を感じることができる。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.