日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2058_1
  • 2058_2
  • 2058_3
  • 2058_4

「A Piece of Cloth -ぬののつづきま-」

日本文化は着物や間仕切りに代表されるように、平面的であることが特徴です。平面と身体としての立体との間には 「間」がうまれ、その「間」は単なる空虚ではなく、様々な動きや状況にあわせて自在に変化します。
また、障子や簾から漏れる光は、その「間」の存在を微かに示す日本の文化であり、日本の美しさではないでしょうか。

このような日本の文化を体現する空間を、光の透過する布によってつくり出すことを提案します。

このビルのグリッド上に配置された柱と柱に布をまとわせることで、そこに「間」がうまれます。ビジターたちが交流を深めたり、何気ないコミュニケーションをとるとき、いわゆる「ケ」のときには、「間」は人や家具によって空間を変化させます。一方、イベントやパーティーなどが行われるとき、いわゆる「ハレ」のときには、布を全て開け放つことで自由な領域がうまれます。布がつくりだす「間」は、日本建築の特徴である間仕切りの開閉によりつくりだされる、自在に変化する空間をつくります。

人の行為やシーンによって変化する「間」がつくり出す空間、微かに透けた布越しに感じる人の存在と光、これらにより私たちは日本文化を感じることができるのではないでしょうか。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.