日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2072_1
  • 2072_2
  • 2072_3
  • 2072_4

『SLAB SYSTEM』

日本は国土が狭いため地価が高く、安全で安価を目的とするユースホステルなどは広い建築面積を確保することが難しい。そこで平面計画に自由をなくした現在の日本のユースホステルに対して、断面計画から自由を見いだすことで十分な延べ床面積を確保するとともに、平面計画からは生まれない立体的につながりをもった空間システムを設計し提案する。

提案コンセプトは「スラブによる3/4層空間」である。
ダイアグラムは、まず平坦なスラブに対して、断面方向に変化を与え、その変形されたスラブを基本に組み合わせて空間を作っていく。スラブが立ち上がるようにして現れた壁は、視線をさえぎり、上下階へ切り替えさせる効果があり、またその壁の場所は平坦なスラブには見られないたまり場となる。
次にこうした断面の操作から生まれた平面上の自由に対して計画していく。常に定まった機能を持つ空間は平面全体の中央へ固め、自由な空間を連続したものとして確保する。自由な空間をサポートするための収納スペースは柱や梁の間に収め、自由な空間を最も生かすように配置する。オモテ機能とウラ機能はスラブのレベル差で分けられている。
宿泊施設では座った姿勢が基準となる。そのためフロアを3層から4層へ変え、天井高が低くなっても、利用する上でなんら問題は起こらず、むしろ最適で効率的な高さに近いと言える。空間を利用する上で一つのアイテムとなるものが背もたれのないボックス型の腰掛けである。このような腰掛けは、向きや方向性が曖昧なため、幅や長さを変えるだけで利用のされ方の自由度が格段に増す。
平坦なスラブに断面的操作を加えたものを建築全体の構成要素とすることで、レベルは違っても平面的につながっているかのように感じる空間が生まれ、建築全体を一体と感じることで利用者同士のつながりも生まれることを期待している。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.