日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2073_1
  • 2073_2
  • 2073_3
  • 2073_4

sterical MINKA

かつて日本の住居に存在していた『土間』。本来は人々の生活の中の作業スペースとして
設けられた地面と連続する空間。下足を脱いで家に上がるという日本文化の中で、下足の
まま気軽に建築内部へ入ることができ、近隣の人々との交流の場としても存在していた。
現代日本の家屋に限らない建築から失われつつある日本における人々の生活文化の象徴と
も言えるこの空間を再考する。

ユースホステルという宿泊施設の全体的な構成としては、コンセプトに掲げた『土間』空
間を外部と接する玄関先にとどまらず上層までずるずると連続するように土間空間を造り
出した。土間に沿う様に個室を配置してゆき、同じく日本文化の中で外部との緩衝空間で
ある『縁』を付随させる。2~4個室の群一つ当たりに同じレベルの縁を設けている。その
土間空間が上層まで螺旋を描くように連続している。最上層の土間が行き着いた先には少
数での交流スペースとして機能する茶室を設けている。1層目に設けたラウンジや各個室
群に付随する縁と異なった交流スペースとしての性格を持つ空間となる。
ラウンジ、ランドリー等のサービス機能を主に1層目に集中させ2、3層は主に個室と縁
で構成し宿泊者の土間や縁での交流が活発に起こる事を狙った。
またトイレ・シャワールームは各層に設置されそれをコアとして土螺旋状の土間が構成さ
れている。
坂状や階段状になった土間を宿泊者が身体的に感じることを狙い個室群の天井高を限界ま
で低く抑え、それとは逆に1層目の交流ラウンジを3層吹き抜けの開放的な空間として設
けた。
この作品が実現すれば海外から来る宿泊者に日本の生活文化を体感することはもちろんの
こと、日本の人々に対して日本文化の豊かな生活空間の存在を再認識させることができる
と考えている。

No.1
concept
‘MINKA’ is one of the Japanese traditional housing style. In past time, all of the ‘MINKA’ have ‘DOMA’ like a wide enterancehall. DOMA is the working space connecting ground. It is typically in Japan that we take off own shoes when we enter the house, but in DOMA, we don’t have to do so. Because of these, DOMA was the place the neighbors can feel free to enter in the house and make exchange.
I suggest this DOMA place for this competition’s theme. It is not only the symbol of Japanese architectural form but also Japanese culture and community and so on. I want to reconsider Japanese architectural place DOMA.
diagram
DOMA was the buffer zone for external environment and interior space. I expand this space from ground to top floor. The DOMA connecting from ground makes the buffer zone for human in all floor.
zoning
The survice program(reception, plumbing, etc.) is gathered at first floor and center of all floor. All cabin are placed along DOMA. In the end of DOMA road, there is the ‘Tea room’ as exchange space on top floor.

No.2
section
The cabin area have low ceiling. It is for people can feel DOMA slope road by physical sense. The stairs have gentle slope to match the DOMA’s slope. In Contrast, the lounge on first floor has stairwell from bottom to top.

No.3
plan 1F, 2F
Gathering survice program on first floor, and placing cabins 2nd•3rd floor. ‘EN’(like a deck) between DOMA and cabins make both border and buffer. All cabins are made by 1000x1000x2000 unit and has a little garden. The gardens bring soft ligt and small scenery to inside of this urban building.

No.4
plan 3F
Here is a ‘Tea room’ the end of DOMA road as a exchanging culture space.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.