日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2078_1
  • 2078_2
  • 2078_3
  • 2078_4

日本文化を深く知り、それを伝えることは困難である。

我々日本人でさえも、気づかないでいることも多くあるのに

どうやってその全てを知り、どのように伝えればいいのだろうか。

 

難しく考える必要はない。

 

ただ原点に振り返り、当たり前だと思うことにもう一度目を向けてみる。

そこには多くの可能性があり、

日本人にとって当たり前なものが、 他の人々には驚きや感動を与えるかもしれない。

それが、日本文化の根底を伝えることにつながるのではないか。

 

それは、その人の座り方、風呂の入り方、時間の使い方なのかもしれない。

もしかしたら、その人が放つ一つ一つの言葉なのかもしれない。

 

その偶然が興味を生みだすきっかけをつくり、

その過程によって日本文化が素晴らしいものだと思わせてくれるだろう。

 

これが異文化交流の形なのではないだろうか。

 

 

 

交流とは、人と人である。

 

 

そのためには、

何かはっと気づかせてくれる場所があればいい。

 

そして、

目を見張るような光景が広がっている空間で

出会った人とごくごく自然な質問をぶつければいい。

 

人々は無造作に出会い、

あるときは会話し、あるときはただ通りすぎていくだけであるが、

そんなとき、少しでも長く立ち止まってくれれば

たくさんのふれあいの可能性を広げていくことができるのではないか。

 

 

そこで、

 

一つの糸が、

情報や、空間や、文化を

 

人の手を通して縫われていくように

 

人と人とがふれあい

複雑に交錯していく空間を提案する。

 

そこには、

外部の要素を内包しながら、空間をやわらかく仕切る布がある。

 

ゆるやかな光とともにそれはたなびいている。

 

空間を包む大きな布は

まとまりを感じさせてくれる。

 

やわらかく落ちてくる光を

ゆらゆらとなびく風を

 

その心地よさを気づかせてくれる。

 

 

その気づきが人に感動を与え、

それはやがて心に刻み込まれていく。

 

そして糸は編み物のように、また新しいものに形を変えていくだろう。

 

 

ふれあいのイトは

終わりはなく、ずっとつづいていく。

Title : 「ITO(Intention or Yarn) of Interaction」
Concept :
Look back to the origin.
Let me look again that think the norm.
There are many possibilities there.
For example,
Natural thing for Japanese may give other people a surprise and excitement.

It is perhaps, would lead to convey the foundation of Japanese culture.
Sitting position of the person, on entering the bath, it might be the use of time.
Maybe, it might be one of the words that people speaks.
That is, Exchange is a person-to-person.
In order to connect people with people,
If only have a place that reminds us suddenly something.
And,
People meet casually,
Sometimes conversation or passing street.
At such time,
If you are a little bit longer stop there, you be able to continue to expand the possibilities of a lot of interacting.
And,
You can hit a natural question with people.
Therefore,
Single yarn is,
Information and space and culture
As we have been sewn through the hands of the people
I will propose a space crossing with people exchange.
There is a cloth while enclosing the external elements, soft partition space.
A cloth is lying with a gentle light.
Large cloth to wrap the space is make us feel the unity.
The light falling softly
The wind fluttering and flickering
Reminds us that comfort.
This realizing make us impress.
The scene will be deeply etched in our mind.
This yarn will change new thing like a stitch, a knitting.

Picture2:
Second file shows my concept and diagram.
My concept theme is “knit”.
Picture3:
Third file shows floor planning.
Abobe shows s scheme of plan.
Picture4:
Fourth file shows section planning and perspective drawing.
Abobe shows s scheme of section.
Perspective drawing is expressing scene of life and rich of a light.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.