日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2096_1
  • 2096_2
  • 2096_3
  • 2096_4

ハダシの旅人
-ジベタだから見えるもの。ジベタだから感じること。-

クツを脱ぐこと。床に座ること。それは住宅に西洋スタイルが普及する中でも日本人の昔ながらの習慣である。今回ハダシで過ごすユースホステルを提案する。ハダシで歩き回ることができ、どこにでも座ることができる。床の空間は集まるときに人数の制限がなく、使い方を限定されない。そのため1対1、大人数などフレキシブルに対応することができ、日本人の感覚で使うことも、外国人ならではの感覚で使うことも可能である。

また「特徴をもった3つの縁側」と「地域文化が反映されたボックスが置かれた茶の間」で空間が構成され、それぞれの交流をサポートする。

ブック縁側:世界中の本が集まる。本を通して異文化に触れられる。

フード縁側:自国の料理を作り合える。美味しそうなにおいは、交流のきっかけになる。

掘りごたつ縁側:コタツに一緒に入り、ゆったりと会話のできるスペースである。コタツ文化を介して様々な人が交流できる。

カルチャーボックス:その土地の地域文化に関する情報を取得できる空間。茶の間に対して開き、地域色を発信する。

大きな茶の間の周辺を性格の異なる通りが囲み、入口からの段差とカルチャーボックスが緩やかに空間をつなげる。内側を向くと縁側のようになる。ハダシで歩き回れる空間で見える風景は床により異なる。

またこのユースホステルには物々交換して文化交流するシステムがある。世界中の旅人たちが持ってきた本やレシピがブック縁側やフード縁側にはストックされていて、その棚の1冊と、自分の本1冊。もしくは壁に張り付いているレシピ1枚と自分のレシピ1枚を交換することができる。流動的に異文化が関わり合うのである。

ハダシの旅人たちの楽しげな風景が座った先にわらわらと展開されていく。

そんな日本の感覚でできたユースホステルである。

■Spending your time on bare foot
■Sitting on a floor.
It is a Japanese traditional custom, also while a Western style spreads through a residence. This time, I propose The youth hostel spend by “HADASHI”(※HADASHI= barefoot)

Picture1
□Japanese traditional custom
Sitting on a floor does not have restriction of the number, so you can use anyway. Therefore, 1 to 1, a lot of people・・・. This hotel is able to adjust readily to different conditions.It is very flexible!! And ,people can use with Japanese feeling and with the feeling unique to a foreigner. You can walk around by “HADASHI” and can sit anywhere.

Picture2
□System of communication
In this youth hostel,there is a system which has cultural exchanges by bartering. The book and recipe which the travelers all over the world brought are stocked by the book ENGAWA and the food ENGAWA. You can choose them in exchange for their own one book or recipe. Various culture have connection fluidly!!

 Picture3
□Three ENGAWA and central CHANOMA
This hotel consists of "three ENGAWA with the character"(ENGAWA is Japanese traditional veranda), and "CHANOMA with CULTURE BOX"(CHANOMA is Japanese traditional living room.) 

Book ENGAWA: The books all over the world gather. you can experience foreign culture by a book.
Food ENGAWA: You can make dish of your own country each other. The delicious smell makes a cause of exchange.
HORIGOTATSU ENGAWA: It is a space which goes into a HORIGOTATSU together and can do conversation calmly.
CULTURE BOX: you can get the information about the local culture in this box. It opens to CHANOMA and sends a local color.
Three ENGAWA surround big CHANOMA .
And the level difference from an entrance and culture box connect space gently. You can see a lot of scenery!!

Picture4
□The joyful scenery
You can see the joyful scenery of the travelers of "HADASHI".
Ofcourse,you can enjoy!! It is the youth hostel made with the such Japanese traditional custom

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.