日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2102_1

私たちは、「銭湯」という公衆浴場をひとつの触媒として捉えました。
今日失われつつある公衆浴場の魅力と、地域の社交場・情報収集の場としての機能をユースホステルのメインの設備として持ち込むことで、その地域の住民とユースホステルに訪れた人々の新たな文化的交流を期待します。現地の人との触れ合いを通じてその土地柄をより深く理解したい旅行者と、都会に住む学生やその土地に昔からいる住民の憩いの場を中央に配置しました。
また、畳張りの大部屋では自分で布団を敷き、自分でプライベートな空間をしつらえることができるようになっています。障子、間仕切り、屏風、御簾などを、用途に合わせて広間を切り替える、「壁」のように物質の質量に頼らない空間作りを体感できます。

日本の文化とはなんなのか?世界の中の日本とはどういう国なのか?自信をもって答えられる日本人はとても少ないのではないでしょうか。情報端末などの進歩と普及により、若者の留学や海外旅行が以前より格段にスムーズになった現代、海外の人とコミュニケーションをとるうちに、自国について考えさせられるシーンは数多くあるはずです。日本人が自分たちの文化を発信したり、省みたり、また他の文化に触れるための、現代のニーズに合わせたユースホステルの提案です。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.