日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2108_1
  • 2108_2
  • 2108_3

今回私が提案するのは

「維摩居士の方丈~“直心の交わり”が生まれ得る場所の必然~」

です。具体的には、“直心の交わり”が生まれる豊かな交流空間の提案です。

今回の「日本文化を触媒とした異文化交流空間」という課題に対しては、古くからの日本文化である茶の湯から人と人とが深く関わる為のエッセンスを抽出し、“日本文化の触媒”とし、濃密な”異文化交流“を実現する空間の提案として答えています。そもそも茶の湯に着目した理由は2つあります。
1つめは、茶の湯の最終目標が“直心の交わり”である事、つまり、その場において人々は互いの年齢、職業、性別、身分、国籍等関係無しに、一無位の真人として深く交流するという事。
2つめは、その為に必要不可欠な要素として茶室という狭い空間が存在し、そこに人が集まる事です。1つめは課題そのものに回答していて、2つめは今回の課題でまず初めに考えなければならない事、“個”が尊重され、実際にユースホステルの利用者が大きく減少している中で、未だに“集まり”続けるスタイルをとるユースホステルをどう活かすのか、という事に対する回答の可能性を示唆しています。

提案として、まずはじめにプライバシーを確保する為に、寝室は完全に個室としました。次に、利用用途を推察しつつ寝室を三種類にユニット化し、共有部を持たせました。ここまでの空間は恐らく、狭く、窮屈にすら感じられるかもしれません。
ところが、ルームメイトが互いに挨拶を交わし、心が開くとともに、互いの寝室の仕切りを開き、徐々に空間と心身が一つにまとまりはじめます。同様の“直心の交わり”が各ユニット内で生まれ、ユニット同士も動線、溜まりの空間を介して交流し、最終的にはユニット同士、その構成員の心同士が結合します。100人の人々は日本文化を触媒とした“直心の交わり”を通じて、1人の心身となります。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.