日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2130_1
  • 2130_2
  • 2130_3
  • 2130_4

仕切りの文化:日本のしきりは、内と外を強固に分離するのではない、それは日本における人間関係の在り方を映し出している。

Grid(格子)は人に対して人の影や物音を伝え、その仕切りの向こう側の存在の微かな気配を気付かせる。周囲に対して、光と風を自由に取り入れられ、外から中は見えにくいが、内から外が見えるという利点と、柔らかい風情が、町並みや、木々とよく調和出来る。

建物自体には、微小な空間(カップセルホテルの様な寝場所と少人数のラウンジ)と大きいな空間(パブリックラウンジ)を両方持ち込み、中心に大きい吹き抜けを取り囲んで周囲と上下の存在を感じさせ、そして建物中の採光となる。寝場所とラウンジの仕切りは壁ではなく、グリッド状の多機能棚で仕切られる、棚に当地の資料や人々の荷物置き場にもなる。壁の少ない間取りで人々がいろいろな空間を体験が出来、落着きと開放感を併せて持つYHを提案した。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.