日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2141_1
  • 2141_2
  • 2141_3
  • 2141_4

日本の景となす回廊

誰かと話したいわけじゃない。ただ、何かとつながっていたい。
本提案は部屋への動線として機能する廊下に着目し、部屋を取り巻く回廊を計画します。
縁側や障子など日本らしいといわれるものは、何かやわらかくつなぐものや多様な使われ方がある
のではないだろうか。
部屋を取り巻く回廊は、部屋と日本の街、そして人をつなぎます。また動線という機能だけではな
く、部屋の延長として機能します。
大きく3つの空間に分かれています。
プライベートな空間である寝室。部屋の人と交流を行う交流空間。部屋以外の人との交流を行う回
廊。この3つの空間を組み合わせ、多様な空間をつくりだします。
平面計画は、部屋の周りに回廊を配置し、外から内に動線計画を行います。
低層階は、フロントと倉庫、シャワールーム&コインランドリーを配置する。また、6人部屋と1
0人部屋二つを確保します。
中層階は、8人部屋と4人部屋を左右に配置し、部屋同士を回廊でつなぎます。またコミュニケー
ションルームとトイレを中層階に配置することで、上・低層階の人も利用ようにします。
上層階は、6人部屋二つと4人部屋二つを左右に配置します。
部屋は左右にずらすように配置し、回廊に空間的変化を与えます。また部屋の交流空間を少なく設
け、回廊とつなぎやすく計画しました。
偶然、同じ部屋になった人と日本の街に出かけることもあるでしょう。
一人でゆっくりと時間を過ごし、夕焼けを見ることもあるでしょう。
この回廊は、やわらかく何かとつながっている。
それは確実に日本らしさに近づいているのではないだろうか。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.