日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2163_1
  • 2163_2
  • 2163_3
  • 2163_4

旅行者が持ち歩くバックパックの中には、その旅行者の生活を支えるものが入っている。それがすなわち文化である。何泊もすると、そのバックパックの中身がどんどんでてくる。でてくることをこのユースホステルでは促進したい。それぞれの旅行者が思い思い散らかすことで、自分の領域を作り、それがひいては交流のきっかけになる。

日本人からすれば、外国人のもちものは珍しく思えるだろう。見たこともない服や靴だけでなく、そのポストカードや写真を使って自分の領域を作っていく。一方で、外国人からすれば日本人の生活スタイルも変わって見えるだろう。お互いのバックパックの中身、すなわち文化を見せ合いながら生まれる交流。

利用者がプライバシーを確保しやすいように、二人一組の間仕切りで区切られた和室の小部屋を作る。この間仕切りは、高さ900mmから1800mmの間で変化する。ネットカフェのように、この小部屋の利用者が立ち上がると、他の部屋が見える。しかし、座ると全く見えないという高さである。プライバシーが確保しやすいように、それぞれの小部屋には上にござがついており、それを広げることで、全く他の部屋から見えなくなる。自分で形成する領域。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.