日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2173_1
  • 2173_2
  • 2173_3
  • 2173_4

今回の提案では地図記号で日本の代表する建築の寺を表す卍を触媒として空間構成に用いる。ユースホステルでは相部屋が客の減少の一つだとされている。卍を用いたユースホステルはこの問題を解決するものである。
卍の三辺で囲まれた4つの部分を空間として考え平面上に一定の間隔で卍を並べてゆくとその空間からはほかの卍の空間をみることができないという関係性が生まれる。この関係性を利用して近くで多くの人とコミュニケーションをとりながら時にはプライバシーを守るホステルを提案する。まず一定の間隔で並べた卍のパターンにそって4つで一つの2段ベットと机の2種類の家具を交互に配置してゆく。机は近くの人とコミュニケーションをするためのものであり、かつ自分のプライベート空間を確保するためのものである。 平安時代、建築の内部空間は畳が一枚か二枚だけ床に敷かれ、屏風を置くことによってつくられた。 現代の日本でも失われつつあるこの空間を体験してもらうために家具を置いて成立する空間構成を踏襲し基本的に建物に手を加えるようなことはせず、この2種類の家具で完成するユースホステルとする。
二段ベットは障子、テーブルは畳に直に座ることができる低いものにすることによって空間に高低の強弱をつけるとともに日本文化を意識させる。各々のベッドの明かりが灯ると1つの卍の行灯となる。就寝する時や一人で過ごしたいときはカーテンを引くことでさらにプライバシーを確保する。
シャワー、トイレは卍の形にそって隅に配置してありカーテンを引くことで個室になる。4人用の個室は2F,3Fに設置してあり宿泊者がいないときはドアを開放することで空間を一体的に使うことができる。
この空間ではすぐ近くのテーブルに集まって会話に参加するもよしベットで一人読書を楽しむもよし外側の石畳から浮かび上がる卍の行灯眺めるのも良いだろう。各々が気兼ねなく自由に過ごす空間になってほしい。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.