日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2177_1
  • 2177_2
  • 2177_3
  • 2177_4

私たちは「MEDIA YOUTH HOSTEL」という新しいユースホステルを提案する。このホステルでは、文化を伝統やサブカルの枠に捉われず現代の日本人を日本文化そのものであると解釈し、日本人の集客に力を入れる。その仕組みとして「機能性・効率性・快適性・プライバシー保護を実現する木製カプセルホテル型の睡眠スペース」、「コミュニケーションを誘発する階段状の広場」という二つの空間を設ける。広場では映像やパフォーマンス表現によって東京と地方、日本と世界をつなぎ、メディアセンターとして機能させたい。

「MEDIA YOUTH HOSTEL」

このホステルは、(1)東京と地方、日本と世界をつなぐメディアセンター機能、(2)情報発信地となる劇場型のコミュニティスペース、(3)機能性・効率性・快適性・プライバシー保護を実現する木製カプセルホテル型の睡眠スペース、を特徴とする。

建物入口を入るとまず、階段状のフロアと大型スクリーンを設置した舞台を設けたコミュニティスペースが現れる。宿泊客は日本の習慣に従って靴を脱いで上がり、素材に木を活かした場型空間の好きな場所でくつろぐことができる。

劇場は、宿泊客が東京あるいは自分の出身地をテーマとしたパフォーマンスを発表する舞台となる。表現方法は、演劇、音楽、ダンス、ポエトリーリーディング、講演などなんでもよい。宿泊客の演技のほか、東京や地方、外国など各地から応募された作品を中央のスクリーンに映し出すことも可能である。それらの作品はUストリームを使って日本各地や世界に発信し、一定の得票に達したパフォーマーは、宿泊無料の特典(フリーアコモデーション)を得る。

カプセルホテル型の睡眠スペースは、面積を最大限効率化すると同時に、各自のプライバシー保護を実現する。また、睡眠スペースに仕切りとして可動の壁を設け、2人用、4人用などの個室を適宜つくりだせるようにする。これにより宿泊客層に合わせた対応が可能となり、相部屋での偶然の交流を楽しむ機会を保つだけでなく、家族連れにも使いやすいホステルとなる。

「文化」とは、茶道や生け花のような正統派古典文化だけではなく、アニメや漫画のような流行の「サブカル」だけでもない。むしろ、今の日本に生きる人々の暮らしそのものが日本文化の総体であり、日本文化を知ることとは日本人を知ることに他ならない。このホステルでは、フリーアコモデーションシステム、芸能鑑賞、メディアによる地方との交流を柱として日本人宿泊客を惹きつけ、人と人の対流を促す。

1: We propose "media hostel" as a new concept of youth hostel, which
enable you to interact mutually with Japanese people and tourists from
other countries. Knowing Japanese people is the best way for knowing
Japanese culture, thus this hostel welcome everyone who wants to
communicate directly with others. Besides, this hostel will become a
media center, therefore can connect Tokyo with other Japanese area,
and Japan with the world.

2: This hostel has three spatial characteristics: open stairs space,
mobile walls, and capsule beds. Stairs afford various actions and are
used for many purposes as a public space. Moving walls creates some
semi-public spaces in which you can pass the time talking with close
people or new friends. Capsule brings you a perfect private bed room.

3: In the open space, there are stairs, stage and wide screen. Guests
can perform something to send messages and communicate with other
tourists. When the performance gets praise and helps people in
cultural understanding, the performer can stay free by free
accommodation system.

4: Japanese culture includes diverse aspects, and people embody it
most vividly. "Media hostel" is the new youth hostel where you can
touch real Japan by interaction through people and media.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.