日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2182_1
  • 2182_2
  • 2182_3
  • 2182_4

路地空間のあるユースホステル

<問題提起>
相部屋で起こる問題の主な原因は、就寝時間の不一致です。翌朝の起床時間を考えると睡眠を邪魔されるのは辛いことがあります。しかし、宿泊室にはもうひとつ重要な機能があります。それは寝る前に荷物整理をしながら次の日の予定を立てることです。宿に戻ってからの楽しみの一つでもあります。そのふたつの機能が同じ空間にある限り問題は解決されません。

<コンセプト>
そこで路地空間(ものでコミュニケーションが生まれる場)のあるユースホステルを提案します。
路地は、家屋の間に便宜的に設けられた通路です。下町や集落に多く分布し、洗濯乾しや地蔵や植木の存在とともに居住者の生活空間として活用され、コミュニティをつなぐ空間を成します。いわゆる「道路」ではないことから、私財が留め置かれることもあり、古い町並みでは地域住民の様々な生活の一端を外部空間に見出すことができます。
具体的には睡眠スペースから荷物の整理・収納の行為を取り出し、そのための空間を新たに設けます。滞在者自ら手を加え変容させ「物」を介して交わる場を目指します。

<空間配置>
路地という空間を作るので路地裏という空間も出てきます。路地裏は、路地をはいり込んだ表通りに面していない所で閉鎖性が高く、そこを就寝スペースとします。しかし、睡眠スペースと荷物整理を分けただけでは、就寝時間のズレは解消できません。なので、就寝時間の軸をもとに空間を配置します。一番就寝時間が早い方を個室とします。次に大部屋を配置し、時間軸にそって就寝スペースが埋まるように運営します。そして、一番就寝時間が遅いエリアに次いでコミュニケーションラウンジ・キッチン・ライブラリーなどの機能がある大きな空間を配置します。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.