日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2184_1
  • 2184_2
  • 2184_3
  • 2184_4

『小さな気づき』

コミュニケーションとは情報の交換であるといえる。そう考えると挨拶、会話など一般的にコミュニケーションといわれることから、他人の行動を見る事、食べ物を食べる事、相手の気配を感じることまで、様々なことがコミュニケーションとして考えることが出来る。

コードとコンテクストという概念がある。コードはものそのものの持つ意味であり、コンテクストは文脈である。コミュニケーションはコードとコンテクストの組み合わせで成立しているといえる。
私たちの提案は、建築によってコンテクストの違い、つまり文化背景の違いを表面化し、それを可視化することでコミュニケーションを発生させることである。外国人、日本人という区切りに関わらず、人はそれぞれ異なる背景をもっており、この背景を可視化することでお互いの差異を認識し、交流が生まれると考える。
建築には、風景化という義務が伴う。私たちは西洋と日本という二つの対比を用いて、コンテクストの違いを明確にしようと思う。私たちは西洋と日本の生活はたまた空間に関して仮説を二つ用いる。連続と分節、そして低い生活と高い生活。日本の生活は床の上に座し、床の上で食事をし、床の上で寝る。さらに、各部屋は襖などで仕切られ、連続している。西洋の生活は、椅子の上に座り、机の上で食事をし、ベッドの上で眠る。各部屋はそれぞれ壁で仕切られ、小さなドアのみが人の通過を可能にしている。
上記の二つの仮説に沿って対比的な風景を一体で作り、互いにコンテクストの違い、つまり背景、生活の違いを認識することでコミュニケーション、相互理解が創発され、ユースホステルが本来持ち得る可能性を再提示することを目指す。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.