日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2187_1
  • 2187_2

[作品タイトル]
畳の裏のダイヤログ

Dialog on the back of the tatami

[コンセプト]
言葉とは全世界共通のコミュニケーションツールである。
このユースホステルのコンセプトは、言葉を媒体とした異文化交流である。

一回のコミュニケーションラウンジの畳によりこのユースホステルを訪れた人は交流を果たす。一階の畳は朝食時のみ床として機能し、それ以外の時間は壁、コミュニケーションを助ける媒体として機能を果たす。畳の裏に書かれた、書き足された多種多様な国の流行り言葉、方言は、ある国の文化を知るものとして、ある時は自国の文化を再認識するものとなる。

また、三階吹き抜けの構造は、日本古くからの回遊式庭園を現代風にアレンジしたもので、プライベートとパブリックを明確に分けた形となっている。

Words are a common communication tool for the whole word.
The concept of this hostel is an intercultural exchange with words.
On the first floor, visitors can meet each other at the communication lounge covered with tatami.
This tatami helps communication as a wall except at breakfast time.
From the trendy words and the dialects in various languages written on the back on the tatami, we can learn foreign cultures as well as our own culture.
The three-story atrium, arranged from the ancient Japan stroll garden, clearly separates public and private space.

[ダイヤグラム1]
畳の裏に書かれた自国独自の流行語・方言の意味を異国の人に尋ねられ、調べる・答えることにより自国の文化を知る。

また、異国の流行語・方言を訪ねることで外国の文化を知ることができる。

If the foreign people ask you the meaning of the dialect or trendy word in your country’s language, you would examine it and tell them the meaning.

That helps to learn the culture of your own country.

Also, you can learn foreign culture by asking foreigners the meaning of the dialect or trendy words in the foreign language.

提案趣旨

YHは世界各地で青少年の旅行を助長する役割を持っており、廉価で泊まれることに加えて、宿泊者同士が交流することができる施設である。しかし、日本での現状はビジネスホテルなどと価格は均衡し、見知らぬ人と相部屋を好まない日本人が増えてきたことによる衰退が起こっている。つまり、YHとビジネスホテルに差を見いだせないことがかかわっているのではないだろうか。

そこで、現代に対応したYHの在り方を提案する。まず、公私に空間を3層に区切ることによって、大小の交流の場やパブリック、プライベートの空間を明確に分ける。さらに、2、3層目に吹き抜けを設け、立体的な中庭と回廊を表現し、上下の区切りを空間、視覚的に緩やかにつなぐ。それによって、プライベートフロアからはパブリックを見ることは可能だが、反対は難しくなることによって、段階的に空間を構成している。

具体的な交流のシステムとしては、各国共通の交流ツールであるが異なっている「言語」を用いる。パブリックスペースの畳を立て、裏に書かれた言語を見て、自国の言語を知る。他国の言語を通して他国の言語について理解を深める。そして、利用者により国を問わず言語が書かれ、更新されていく。言語を選択した理由としては、実際に交流を通すことによってより現代の流れに沿って知ることができる異国の文化であり、最も身近なものだからである。また、日本人同士でも忘れられていた流行語や方言を通して交流を助長することができる。

パブリックスペースに関しては、夜の時間は言語を通して交流スペース。朝になれば、畳を敷いて朝食スペースへと変化する。そうすることで、時間軸による空間の有効活用をしつつ、壁によって空間が区切られる。1階奥の大部屋とパブリックスペースを曖昧に区切る役割も持つ。

このように、現代の日本人と外国人との「違い」「共通」を利用した空間、交流システムがYHにおいて異文化交流を生む。

Proposed effect
Youth hostel (YH) is a low-priced accommodation and the guests can have relations with each other. It has a role to promote youth travel around the world. However, it is declining in current Japan because the price is not so low compared with business hotels and many Japanese don't like to share a room with strangers.
In other words, there is no difference between a business hostel and a youth hostel.
In this paper, we will propose a way of modernizing the youth hostel.
First, by separating the public and private space into three layers, clearly separating private and public space, and areas of small and large interaction.
In addition, providing a stairwell to the second and third layers, separating the corridor and courtyard, top and bottom and loosely connected space.
Thereby, from the private floor it is possible to see the public floor, conversely it is difficult to do the opposite.
Using language as a system of interaction is different for specific countries but a common interaction tool.
One can look at the language on the mat of the public space and know the language of that country.
It is better to understand the language of other countries through the language of those countries.
The language will be updated by users.
The reason for choosing language is that through actually cross-culturally interesting with people, one can become more familiar with other cultures.
Also, even amongst Japanese, people can be encouraged to exchange forgotten buzzwords and dialects.
The public space at night can be a place for exchange through words.
In the morning, the tatami can be flipped to become a breakfast area.
By doing so, there can be an effective use of space according to times of day.
It can also help separate the first floor public space and large room.
In this way, a youth hostel that can use its space as a place where the differences and similarities between modern Japanese and non-Japanese can be freely exchanged will be born.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.