日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2189_1
  • 2189_2
  • 2189_3
  • 2189_4

 ユースホテルは、「泊まる」場であるとともに、宿泊者が情報交換を行い、コミュニケーションを取れる「集う」場でもあると考える。

 まず、日本文化の「土間」で動線空間を構成する。中央に位置する共有スペースは、みんなが集まる場としてユースホテルの核として機能する。

共有スペースに置かれる「黒板」は、小さい頃から学び・遊びの身近なツールになっていた。現代では、デジタル化したネットでの会話が主要なツールになっている。みんなで、旅の情報交換のために書き込み、知識共有を行えるツールを用意する。

また、「旅のアーカイブ」として、単なる図書館ではなく、宿泊者が、自らの旅での記録やガイドブックを置き土産にするスペースを設ける。そのアーカイブは、宿泊者と宿泊者を時間軸で繋げる。

そして、宿泊室には「畳」が敷かれており、靴を脱いで個人の領域に招く。その「精神性」は、人と人との直接的な身体性をともなう対話として、より深い理解や興味を呼び起こす。

 私たちが提案するユースホテルに泊まることで、宿泊者の旅に付加される「土産」となる。

Youth hostel is not only “staying place”, but also “gathering place” for having communication among the guests.

First of all, it provides the line of flow by having “Doma”, an earthen flower through Japanese culture. The center common space works well as core function having guest gathering place.

The black board at the guest common space used to be a practical tool for learning and playing since childhood.In our time, internet became main communication tool for communication. Eveybody uses notes written in site for sharing travel information among the guests.

Also, it is not only usual library as an archive of travel, but also it becomes a special space for leaving travel diary and travel guide by the guests.

It brings in-depth understanding and interests of special spiritual at “Tatami” flower in the guest room by taking shoes off.

It becomes added “souvenir” to their trips for the guests by staying at our proposed Youth Hostel.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.