日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2193_1
  • 2193_2

日本におけるユースホステルについて考えた。日本には同じような価格帯のビジネスホテルやカプセルホテルといったものが存在している。そのなかで、私たちもしくは外国人がユースホステルに泊まるとはどういうことだろうか。ユースホステルが持ちうる価値とは、ビジネスホテルやカプセルホテルのようにある程度画一化することによって安値にすることで生まれる価値とは違うものである。ユースホステルでは、その土地の建物を活用したりすることによって独自の空間を生み出したりすることや、普段絶対に交流しないであろう人々と交流がはかれるという交換不可能な価値が得られることができる。人々はそのような交換不可能な価値を求めてユースホステルに泊まるのだ。

日本文化について考えた。私たちが外国へ行くと自国との様々な違いが感じられる。それは匂いであったり、振る舞いであったり、目に見えるものも目に見えないものも自国との違いを強く感じる。もちろん日本の文化の中にもそういったものが存在する。しかし、私たちは日々の生活のなかで日本的なものとそうでないものを見分けられなくなっているのではないか。以上のことから私は外国人にとっては新鮮で、日本人にとっては自国の文化を再発見できるような魅力的な空間を持つユースホステルをつくりたいと考えた。
まず、既存の床を「土間」と捉えることによって、日本の伝統的な民家のような憩いの場所を考えた。次に日本の伝統的なスケールの4畳半に注目し、四方を障子で囲った4畳半の最大4人泊まれる小部屋を設ける。その小部屋を小さなスペースや路地のような場所ができるように配置していく。配置された小部屋はぼんぼりのように明かりが灯ったり、障子の開閉により空間の印象を移り変えていく。

このように日本的な振る舞いやスケール、空間を意識してつくることによって外国人も日本人も泊まりたくなるようなユースホステルをつくることをめざした。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.