日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2198_1
  • 2198_2
  • 2198_3

外なるうち
-守り、守られる-

飛石による平面的操作のみで保持される庭園。踏み入れることは可能ではあるが、どこか躊躇してしまう空間。そこには日本的な「閾」の概念がある。
原広司は閾について「個体の内部秩序を維持し、外部からの不都合な情報の侵入を制御する装置」と定義している。この定義にならって内部秩序=庭園、不都合な情報=足跡、制御する装置=飛石とすると、飛石の持つ特性がわかる。ユースホステルというある程
度の交流を良しとするプログラム上、がんじがらめにセキュリティを施すのではなく、あいまいな閾によるプライバシー保護を目指した。また、保持する対象であると同時に、眺める対象である庭園空間には、内と外の緩衝空間として機能する縁側を用い、異文化同士のバッファーとして期待する。さらにこれを、屋根と柱のみでできた東屋的空間に備えさせ、異文化交流の核なる場として位置付ける。

平面構成としては、外側から寝室、庭園、縁側の順でロの字型に構成した。庭園は白砂でならし、共有スペース側は眺める対象である空間を広くとった。そして、同じくロの字型に飛石を配し、これを主動線として機能させ、各寝室に向けてさらに枝分かれして配することで、踏み入れることを躊躇するようなあいまいな閾を形成した。また、各寝室は、ベッドの片側を壁で仕切ることでベッドと自由スペースを約1:1で確保した。そして、断面的に二層に分け、共有スペースからの見え方として、自由スペースの立面をガラスに、ベッド側を昇降の機能を備えるスリッド状の木板にした。これにより、外部へ視線が抜けるとともに内部の庭園的空間に光が差し込む。中央に配置した東屋的空間は、天井のレベルとずらして屋根を付け、意味ある部分を与え
た。
また、交流スペースと寝室の間に庭園的空間があることで適切な距離が生まれる。
内と外の境界を薄くし、内に居ながら外と繋がっているようなフレキシブルな日本文化を体感できる空間を提案した。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.