日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2200_1
  • 2200_2
  • 2200_3
  • 2200_4

設計の特徴として、曲線と明暗のふたつがある。
イメージであった風呂敷の唐草模様を平面図に落とし込み、それによってできた曲線によって包まれる安心感が生まれ、また、ゆるくスペースを区画することで人が溜まることが出来るようになった。なぜ触媒として風呂敷包みを用いたかというと、これは日本人の包む文化を表現し、風呂敷に包む行為が導くまごころや思いやりという優しい空間づくりを行いたかったからである。また、風呂敷を包むときに布の端と端を結ぶ事から、違う文化の人と人を結ぶ役割であるユースホステルに合うと考えた。
そして、このユースホステルはシャワールーム・トイレや受付を抜かして基本的にすべて交流スペースとなっており、すべてのベッドは壁と一体化していて使用しない間は交流の妨げにならないようになっている。
ユースホステルという宿泊施設を考えた時、利用する時間が夕方から翌朝に限られていると思ったので、交流方法として宿泊者はひとり1つランプを持ち歩くことを提案する。
施設内の交流スペースは危なくない程度に照度を下げて各自が持ち歩くランプによって移動する。
これによって個人の存在が強調され、光が強い方にいけばひとと出会うことが出来たり、逆に1人のひとを見つけたら話の輪に誘うことが出来たりする。
また、宿泊者は自分で自由に明かりを調整することが出来るので、床にランプを置いて低い位置に明かりをとることによってくつろぎを導いたり、手に持ったり壁に置いたりして目線の位置に明かりをとることによって対話を導いたりすることができる。
さらに、暗い空間の利点としては、暗さを利用してみんなでスクリーンを使って映像をみても良いし、余計な視覚による情報が入らないので相手の話を聞くために集中できる。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.