日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2202_1
  • 2202_2
  • 2202_3

外国人と日本人の心と心をつなぐ、きっかけを作る空間“キッカケ スペース”をコンセプトにデザインした。
居室は2つの入口は、2つ顔を持っている。1つめは、玄関で履物を脱ぎ、廊下を通ってそれぞれの部屋に行く。これは日本の住宅の室内をイメージしていて、外国人でも知っているだろう履物を脱ぐ日本文化、まずはここから日本文化に触れてもらおうと考えた。2つめは、縁側からそれぞれの家に向かう。これは家と家が密集した日本の街区をイメージしていて、日本人にも馴染みのある縁側で外国人との積局的なコミュニケーションにつなげようと考えた。
日本人と外国人が共に過ごす居室を境界線に、居室の捉え方として玄関からのアプローチを1つの住宅の中のたくさんの部屋、縁側からのアプローチを1つの街区の中のたくさんの住宅としている。2つの異なったイメージを交じり合わせることで、外国人と日本人の双方から異文化交流のしやすい空間を提案した。

設計

まず玄関で履物を脱ぎ室内に入ると、レベルが400上がっていて廊下から居室縁側まで同一である。そして縁側を出ると、レベルが400下がっていて庭からラウンジやシャワー室まで同一である。庭は、内部にいながら外部にいるようなイメージを持たせることで、開放感と安らぎを感じてもらいたいと考えた。
居室は4人の個室が10部屋、12人の大部屋が5部屋で計100人が収容できる。また、個室は2800×3000、大部屋は4800×6000のユニットになっていて、どちらもダブルベッドである。ベッドは、縦を3000にすることで、余ったスペースを荷物などを置けるゆとりを設けた。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.