日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2208_1
  • 2208_2
  • 2208_3

グローバル・キッチン

今回提案するユースホステルの計画はキッチンが主役である。

・なぜキッチンか。それは交流の生まれるメカニズムにある。交流は3つのシェアから生まれると私は考える。それは時間・空間・モノのシェアである。様々な人が利用するユースホステルという環境で、ほとんどの人がほぼ同じ時間に、同じ空間にいるのは食事の時ではないだろうか。そこで誰かがキッチンで料理をすれば自然に会話が生まれ、そして交流が生まれる。

・各室の計画は大部屋(男女)、中部屋、小部屋に分かれている。そのほかの諸機能室は図面の通りである。そして、それ以外の空間すべてがコミュニケーションラウンジとなる。
ランダムに配置された各室は、あたかも路地のような空間となる。そこで偶然に同じ部屋の人に会ったり、また騒がしい場所からの一種の避難場所にもなるかもしれない。

そしてそのコミュニケーションラウンジにはランダムにキッチンが配置されている。偶然通りかかれば、誰かがその国の料理を作っている。興味を持てば自分も料理を作る。
そういったプロセスで時間・空間・モノ(ここではキッチン)をシェアし交流が生まれる。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.