日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2210_1
  • 2210_2
  • 2210_3
  • 2210_4

「ノマドたちのテント」

ユースホステルに泊まる旅行者を「ノマド(=遊牧民)」ととらえ、彼らの宿営地としてのホステルを提案する。彼らは各国を旅しながら、その地の文化を吸収し、互いに交換し合い、またよそへと移って行く。

今回の提案では、ホステル全体にフレキシビリティを持たせ、コミュニケーションを誘発させる仕組みになっている。外国人旅行者にとって、日本文化をいきなり押し付けられるのはストレスがかかることと思う。一日中観光をしてきて、宿でまで和室や礼儀を強要されたのではたまったものではない。そのため、今回の提案では、ホステル内の「日本文化」は最小限にとどめる。それぞれが日本で見てきた事や感じた事などを語り合うことによって、日本への理解を深めてもらう事を目的としている。
鍵のない、テントという部屋が並んでいるということにより生まれる「気遣い」や「思いやり」の精神が、日本人の心に触れる手助けになるだろう。

「歴史と未来の共存する場所」

近年再開発が急速に進む東京ベイエリア。江戸時代から続く埋め立て地や下町の歴史と、オリンピックの開催予定地としての未来が、この場所にはある。
晴海、豊洲地区はオリンピックの開催に合わせて国際交流拠点としての整備が計画されており、外国人旅行客の増加が見込まれている。

「普遍性」
建物にはほとんど手を加えないため、場所を選ばず、費用も抑えて取り入れる事が出来る

「二面性」
過去と未来、都市と自然、伝統と革新、陸と海、日本と海外・・・
日本の持つ様々な二面性を、ホステルにも落とし込む。
都心でテントを張ってキャンプをする、という非日常的な体験は子供の頃のような気持ちを思い出させてくれるだろう。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.