日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2221_1
  • 2221_2
  • 2221_3

内と外

若者が利用しやすく、また、利用したくなるような東京のユースホステルを考えるにあたり、若者が他人との共同生活に抵抗を感じることや一人旅での安全性に焦点をあて、日本人古来の感覚である「内と外」をテーマに進めた。

朝食スペースや水廻りを「外」、寝るスペースを「内」と区別し、さらに内の寝所から溢れ出る少人数での交流や個人の活動が可能な場を設けた。インターネットの利用や読書のために寝所から溢れ出た人々が、自然な会話や積極的な交流を可能にするこの少人数のための交流の場を多めに確保した。また、この空間は男大部屋、女大部屋、個室のそれぞれの間でつながっているので、人の気配を感じることができ、また、移動が可能なことから各部屋から隣の部屋への交流の拡大などが期待できる。寝所として使用したのは押し入れで、アニメの中にも出てくるように、出入り口になったり寝所になったりと実はとても身近で魅力的な建具である。今回はその押し入れを寝所として利用し、外部とを障子で隔てることにより、よりプライベートな空間の形成が可能になる。

また、障子はその透けるか透けないかという特性上、押し入れの中にいても外の雰囲気をある程度感じ取ることができ、さらに外にいる人からも中の人の気配を感じ取ることができるので、その曖昧なつながりを感じつつ確実な隔たりを持つという内と外という空間が出来上がる。さらに、障子(和紙)は日本独自の文化である。障子は思わず指で穴をあけたくなるが、穴が多発した場合はワークショップで障子の張り替え作業を行い、日本人でもしたことのない経験を楽しむことができる。過去のユースホステルは大人数での交流スペースが主であったが、プライベートな空間を確保しつつ少人数での交流スペースを増やすことにより、ミーティングやお茶会などとは別の偶発的な交流を促進することが期待できる。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.