日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2228_1
  • 2228_2
  • 2228_3

本来空問とは何かと何かを二つのものに分離し、それらを仕切り、囲ったものである。
しかし、日本には空問を特徴づけているものとして、「曖昧な領域」という概念がある。
「曖昧な領域」とは、何にも属することのない無縁の空問である。

空間に限らず、何かを分離し、囲うことで、そこには囲われた「内部」と排除された「外部」という二つの対立する関係が生まれる。 空問を仕切り、囲むということは、「内」と「外」という二つの対立関係をつくり出すことになる。しかし、日本の空問概念は、「内」と「外」とのあいだにもうひとつの空問である「曖昧な領域」をつくり出しているといえる。この「内」でも「外」でもない「曖昧な領域」のような考え方には、多くの場面において日本文化を特徴づけているのではないだろうか。

このような「曖昧な領域」が日本の家に『縁側』として根付いている。『縁側』は家の外でもないし、内でもない空間である。
一方では畳があるような部屋に面しており、またある一方では庭にも面していることになる。縁側に立つと一方では家の中に向き,また振り返ると外に向くように行こうと思えばどちらにも行くことができる『あいまいな空間』である。
① 屋内空間に庭をつくり、庭とコミュニティラウンジの間に縁側をつくる縁側では庭を眺めながら、旅で疲れた人たちが会話・昼寝・お茶・読書など各々が様々なことを楽しむことができる。内でも外でもない何をしてもいい空間で様々な交流が生まれることを目指した。

② 2層目と3層目の廊下にも縁側の機能を持たせる1層目の庭から上方向にすり鉢上の吹き抜けを設け、吹き抜けの周りは座ることができるようになっている。吹き抜けは開放感を与えると共に、ここに腰掛けることで、自分の上下の階にいる人たちともコミュニケーションをとることができる。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.