日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2229_1
  • 2229_2
  • 2229_3
  • 2229_4

この提案は、断面的に細かな段差を作り出し、ユースホステルを利用する異なる他人同士を視線の重なりから結び付けて行くものです。
他の宿泊客と接触する機会を積極的に設けていかなければ、交流は生まれません。
だからと言って誰も彼もが初めて会う他人との会話を楽しめる訳でもありません。
そこで、施設内に覆いかぶさるように巨大な段差を設置し、そこで生まれる視線の交錯からまずはその人自身を他の人達に視認させる事を考えました。
ホステルに入ってきた時、フロントで受付をする時、洗面所へ入る時など。
段差中央部に設けられたコミュニティラウンジからは施設内の共有部全区域が望めます。
緩やかな勾配の段差と壁のない巨大な一室空間が、この施設にいる人達の存在をつなぎ、そして今までにない大らかなホームグラウンドとして、宿泊客達の心の拠り所となるよう提案しました。

このユースホステルは、入ってすぐに奥まで見渡す事が出来る。
それは従来の天井まで塞いでしまう高い間仕切り壁をやめたから。
その代わりに、段々に高さが変化していく床が、その壁の役目を担っている。
この施設に入った人の目には、まず細長い横線が繰り返されている様に見えてくる。

仕切る壁ではなく、皆で共有する床。
大きな床面ではなく、細やかな床線。

このユースホステルでは、異なる背景をもった人々が同じ時間と体験を共有する事を目的としており、風土や文化といった垣根や境界を踏み越えて交流できる場所となる事を目指している。

線が多層に重なり混ざる事から「Border Line」と名付けた。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.