日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2233_1
  • 2233_2
  • 2233_3
  • 2233_4

日本のユースホステルが大きく衰退した原因と考えられる「相部屋」を排除し、全室個室型の宿泊スペースを帯状に配置することで、表裏2面性が生まれ,利用者が「自分の居場所」を選択できるユースホステルを提案します.1つ1つの宿泊スペースを障子で仕切ることで,人の気配を消すことなくプライバシーを確保できます。リバーシブルに連続的に展開する“ひだのような”スペースは、様々なコミュニケーションパターンの選択を可能にします。
この提案では,「機能的に配置した諸室群」と「連側的・面的に展開する交流エリア」に平面を2分割しています.「機能的に配置した諸室群」には個室の宿泊スペースや便所,コインランドリー,フロントなどを固め、「連側的・面的に展開する交流エリア」との違いをより浮き彫りにします。
「連側的・面的に展開する交流エリア」には“ENGAWA”“KOAGARI” space,そして“ZASHIKI” “DAIDOKO” “YUAGARI”の3つのloungeがあります。“ENGAWA”は,土間である帯状の廊下とコミュニケーションラウンジの間に位置する宿泊スペースであり,またふたつの空間の “閾(しきい)”であり,空間要素を選択することができます.帯状の廊下は宿泊スペースがインティメートなスケール感で向き合う、帯状の交流スペースとしての土間となっており、全室個室的な落ちついた宿泊スペースは表裏の開放度合い、距離感を建具で調整することができます。“KOAGARI” spaceは近接した宿泊スペースの利用者同士で団欒できる居間のように気の置けない親密な交流スペースとなっています。“ZASHIKI”は,最大42名が同時に食事をすることができる通常時には長机を収納し,座敷として多目的に利用可能なユニバーサルスペース、“DAIDOKO”は料理や食事を通して相互理解を深める交流キッチン、“YUAGARI” は日本伝統の癒し・交流の場としての共同浴場であり、風呂上がりのひとときを過ごすラウンジを併設している、それぞれが異なる特色を持つ交流ラウンジとなっています。

I am proposing a youth hostel, where all individual rooms are located in a belt-like shape, and where a visitor can choose “his/her own living space.” This formation allows each guest to have a comfortable stay that is tailored to his/her own style.

File 1: Partitioning the space into individual rooms with shoji allows to retain a feeling of privacy without completely alienating the guests from each other. At the same time, “the folded” formation of the rooms aids the choice of various communication patterns between individual spaces.

File 2 shows a concrete floor plan. In this plan, the hostel is divided into two parts: “functionally positioned rooms” and “surrounding and enveloping common area.” In the “functionally positioned room” part, there are individual lodging spaces, restrooms, coin laundry and the front desk, distinguishing them from the common area. In the common area, there are “ENGAWA” and “KOAGARI” spaces and three lounges: “ZASHIKI”, “DAIDOKO” and “YUAGARI.”

File 3 illustrates the “DAIDOKO” lounge.

File 4 illustrates the “ENGAWA” lounge. In the background, one can see the “KOAGARI” space.

ENGAWA: Because of the folded belt-like shape of the hallway between the lodging rooms, one can choose the openness of space and distance between the opposing rooms. This space creates an intimate interaction atmosphere between the lodges.
KOAGARI: Just like a living room, it provides space for neighbors to relax and enjoy each other's company.
ZASHIKI: This lounge fits 42 guests to have meals together; it usually has long tables and can be used for various purposes, such as meeting and events.
DAIDOKO: Kitchen can also be a place for human interaction; this space allows getting to know other guests through cooking and eating together.
YUAGARI: Traditionally public baths have been considered a place for interaction, relaxation and healing. This lounge provides space to enjoy a moment after cleansing oneself in hot water and steam.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.