日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2250_1
  • 2250_2
  • 2250_3

【ZAKONE】

日本人なら誰でも耳にしたことのある「雑魚寝」。雑魚寝とは、人数分のまともな寝具が伴わない部屋でとりあえず横になり眠ること。大勢の男女が一堂に集まって、身分の差も関係なく、分け隔てなく入り混じって寝る風習のことをいう。かつては日本の伝統的な行事として年越しの夜や、季節の変わり目の伝統行事で行われていた。このように雑魚寝には日本の文化や歴史を感じることができる。
しかし、誰でも部屋に寝そべることのできる空間はプライバシーが無いに等しい。そこで、私たちはベッドに3つのレベル差をつけて空間を構成する立体的な雑魚寝空間を提案した。
この案は壁のない宿泊空間のため、宿泊者全員が同じ部屋に泊まるといったイメージで作っている。しかし雑魚寝と言っても男女の空間は左右でちゃんと分かれている。ベッドとベッドの重なりにできた大きな空間が5つある。1つは中央の空間で、ここでは食事や談話、情報交換ができる男女共有のコミュニティ空間として設けた。それぞれ男女別の空間に2つずつのコミュニティスペースも設け、その空間からはシャワールームに行けるなど、共用部に行きやすいようにした。

個人の空間や、人数に合わせて空間を作りたいときは、各ベッドに備え付けてある仕切りを利用することで空間を宿泊者が自由に構成することができる。仕切りを開け閉めして自らが空間を作ることで、孤立することもなく、人との関わりを感じることができる。一般的に利用されている、完全個室型の壁で仕切った閉鎖的なホテルとは違い、人とコミュニケーションが取りやすいことが「雑魚寝空間」が生み出した大きな特徴である。また、他人との距離が近い配置となっているため、ベッドに行くためには他の人と梯子を共有しなければならない場所もある。そのようなとき、日本人ならではの「失礼します。(excuse-me)」という言葉が生まれ、その一言からコミュニケーションが発展していくのではないだろうか。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.