日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2255_1
  • 2255_2
  • 2255_3
  • 2255_4

 これはパーソナリティーが表出する空間である。現在の宿泊施設はプライバシーやセキュリティが充実し、安心感を勝ち取った一方で無表情化し、交流の場とはかけ離れた存在となってしまった。宿泊施設を新たな交流の場とすべく、文化によって根づいた物や作法、装いを空間に落とし込む。そうすることで自然発生的に異文化交流を促す空間の提案である。その空間を構成する3つの要素を挙げる。
 1つ目に装いの表出である。自由に天井を走る“レール”に自分の服を掛ける事で視点を服単体へ向けさせる。人から離れた服はその国の文化や個人の私生活をアイコン化し、空間に鮮やかなレイヤーを生み出す。
 2つ目に所有物の表出。ストーリーが詰まった所有物は山型の棚“タナヤマ”に置く事で会話を誘発させるツールとなる。“タナヤマ”は食事の場を囲み、共同体としての一体感を生む。ホステラーの数だけ棚はストーリーで満たされ、次のホステラーが使う空間を彩っていく。
 3つ目に作法の表出。“ドマ・エンガワ”があり上框で靴を脱ぐという日本特有の文化を共有できる。“エンガワ”は公と私の中間領域として使い分けられ、緩やかに空間と人を繋ぐ。
 平面構成では日本の下町の路地空間に習い、抜けがなく、行き止まりの多い平面とした。柱は空間の中で日本的な交流を生む中心となる。交流を促すために視界が抜けるようにし、収納式の建具でプライバシーを確保した。
 運営の仕方は同じ人がその場に居る事で管理問題の解決、ホステラーのリピート要素、共通認識として話のきっかけになるとして、管理者が住む事を提案する。個々の文化や生活感(プライバシー)を人、物、居場所の3つの関係性から表出する事で言語の壁を越えて人が集まりたくなる場をつくる。現状のホテルやマンションのような閉鎖されたプライバシーでは人と人とは決して繋がらない。

This is the space that expresses the personality.  Present accommodations provide sense of security with full of private and security system.  However, it also means accommodations become expressionless and quite different from communication space.  Closed privacy like present accommodations never connects people to communicate.
To arrange accommodations to new communication space, we propose cultural rooted goods, manners, and clothing to these spaces to allow hostellers to communicate interculturally and generates spontaneously.

These are three expression factors to construct these spaces:
1. Expression of hostellers' clothing - Hanging hostellers’ clothing to the “rail” that runs freely on the ceiling gives attention to the clothing itself.  Hanging clothing becomes icon of hostellers’ culture and individual private life, and those create vivid impression to the space.
2. Expression of hostellers’ belongings – Hostellers’ belongings have original stories itself.  We use the belongings for a tool to induce conversation putting on “tanayama”, mountain-like see-through shelves.  “Tanayama” circles around the dinning space to create sense of unity as the community.  Number of hostellers fill these shelves with their stories and give color to the space for next hostellers.
3. Expression of the manner – In Japan,  people need to take off their shoes before they enter to a house as Japanese manner.  We use this manner to the accommodation to share Japanese traditional culture by experience.  “Doma” and “engawa” are one of Japanese traditional space that “Engawa” uses as a buffer zone of private and public space, and that connects people and the space gently.

On planning composition, learning from Japanese street space of the traditional shitamachi, we design the plan with many dead ends.  Pillars in the space become center of Japanese style communication.  We create clear sight to allow people to communicate and set storage-able fittings to secure privacy.

On management, we propose an arrangement of a manager to the accommodation for following reasons: solving the problem of management by staying same person in the accommodation, making factors of repeating of hostellers, and inducing conversation for common recognition.

Expression of individual culture and lifestyle (and privacy) by relation of people, things, and place creates the space where people want to gather and communicate over their language barriers.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.