日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2257_1
  • 2257_2
  • 2257_3

はきもの を ぬぐ ということ。
はきものを脱いで部屋へと足を踏み入れるということ。

私たち日本人の多くが当たり前に行っているこの行為について少し見つめ直してみた。
何百年も前から、私たちは外出する際ははきものを履き、家に帰ればかきものを脱ぐという文化を続けてきている。西洋の文化が入り交じり、新たな技術が開発され、日本古来の文化が薄まりつつある現代でも尚このはきものを脱ぐという文化は当たり前に、何食わぬ顔で私たちの生活に色濃くとけ込んでいる。そして、長年根付くこの文化により私たち日本人は空間をあしもとからも楽しむクセがついているように私は思う。畳やござ、竹などの室内空間はもちろん、石畳に響く足音や寺院建築などにみられる砂利など室外ではきものを履いている時も日本古来の空間は足もとでも楽しめる空間が多い。そこで今回私は、そんな日本の素敵な足もと文化を海外からの利用者に体験してもらうとともに私たち日本人も日頃当たり前に行っている自国の文化の魅力を再認識できるような空間となるユースホステルを計画した。また、新しいユースホステルの計画ということで睡眠スペースのベッドとコミュニケーションラウンジのテーブルとイスについては日本のユースホステルに適したデザインを提案している。海外からの利用者も日本人の利用者もこの宿泊施設に滞在した人すべてが、日本の文化や魅力に触れ、リラックスできる空間を目指した。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.