日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2263_1
  • 2263_2
  • 2263_3
  • 2263_4

今回の空間作りで私が最も心掛けていたことは、“繋がり”である。勿論、物理的な繋がりもここでは含まれているが、気配、想像といった目では見えない物も含んでいる。第1として、部屋の中心部について。空間をどう使うかは個人の自由である。あえて少人数用の談話室等を作らず、建具の設置位置や人の向きによって空間を新たに作れるようにした。
座卓を使う事で1人の空間にもなり、また座卓をくっつける事で1つの円が完成し大人数用の空間にもなる。
第2に、大部屋の寝室スペース。ここは古き良き日本の色々な景色を合わせたものである。床は石畳、ベッドのドアはワ―ロン紙を使った障子窓、そこから零れ落ちる灯りがまた幻想的である。この障子は自分の好みで外に漏れる灯りの量を調節できる。1人の空間が欲しいと思う際は障子の上からさらに二重サッシになっている板戸を閉めることができる。それによって、外に漏れる灯りの量は変化し、大部屋空間の印象もがらりと変わる。つまり、この灯りを通して外と中は繋がっているということが言える。
第3に、シャワールーム。日本古来の伝統文化である露天風呂をイメージしたものである。各シャワーブースは、木をイメージしている。その木もただ1本の木ではなく、たくさんの細い木々によって構成されており、最終的には太い幹になったというものである。長い年月をかけて育った木々は、過去・現在・そして未来を繋げるものであるということである。

以上の点から、“プラットホーム”というタイトル通り、この空間は様々な場所で“繋がり”を感じ取ることができると考える。勿論、共通の趣味や料理、会話によって特定の人達とは繋がりが深くなるかもしれない。だが、それだけではなく、灯りや色や気配といった感覚的なものでの繋がり方ができる空間になっている。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.