日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2273_1
  • 2273_2
  • 2273_3
  • 2273_4

ホテルを利用したい地方在住の人や海外在住の人が東京に訪れる時、その人たちの目的は、①買い物、②遊び、③就活、④仕事・出張の4つがある。そう、東京には行く場所はとても多いが、帰る場所がないに等しいのだ。この大都市東京に帰省する村となる施設を設け、訪れる人々に「東京に行く、旅行する」という意思ではなく、「東京に帰ってくる」という意思を持たせたい。ユースホステルには多くの「東京に来た」人が集まる。その人たちでコミュニティを形成し、数人のグループができる。そのコミュニティは1つのfamilyである。そのfamilyが増えることでそこは村となる。ユースホステルは宿泊するだけの施設ではない。村となる要素を持った施設である。ユースホステルが帰省する場所となり、再会の場にすることをこの案で提案する。

日本古来の建築空間で縁側というのがある。この縁側は家主と他人をつなぐ建築要素である。縁側で知り合うことでコミュニティが生まれる。縁側に腰掛け、コミュニケーションを取ることで、親密になっていく。親密になったら縁側を上がり、内(部屋)に入る。この行為はお互いの心の内に入ることを許すという意味もある。そうして形成されたコミュニティは1つの[family]である。縁側は人との縁を生み出し、その縁を成長させ、内に誘う行為を易しくすることができると私は感じている。その縁側を連続させることで、それぞれの縁側で、それぞれの縁側コミュニティ[family]が形成され、次第に1つの村が形成されていく。例えば、2Fの受付から1,3Fの宿泊スペースに移動するだけで小さな村が形成されるのだ。出会い、別れ、再会、新たな出会いが繰り返されていくことで[family]の数、規模が増えていき、次第に大きな村を形成していく。こうして東京が「行く場所」から「帰ってくる場所」へと変化していくのだ。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.