日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2274_1
  • 2274_2
  • 2274_3
  • 2274_4

縁側に囲まれた“まち”
交流の場所のあり方としてだれのものでもないけど自分のもののように感じるような場所がいいと考えました。
“まち”というのは誰の場所でもないけれど一部自分が占有するところがあるだけで“自分のまち”という感覚がります。そんな場所をユースホステルのなかにつくることを考えました。
そこでなるべく多く“まち” をとるため専有部分をなるべく小さくし外周部分に配置することでまんなかにワンルームの余白を大きくとります。
そこにワンルームを壊さないように高さをおさえた共有部分を廊下のような空間ができないように注意深く配置し、全体をいくつかの部分に緩やかに分節します。それぞれの場所はたくさんの人が多く集まれる大きな場所や数人でおしゃべりするのにちょうどいい大きさをものになります。大きな場所では昼間に書道教室など各種イベントがひらかれユースホステル自体が目的地となります。共有部分から専有部分を緩やかにつなぐように干渉空間として幅の広い縁側空間を設けました。そして居室が縁側空間に接する部分を全て大きな開閉扉とし、大扉をそとに開け放すと“まち”空間と繋がるだけでなく居室のまえの縁側空間を居室の延長として囲いとることができます。こうすることで個人が居室と“まち”をどのように接続するかを視覚的、空間の大きさ的に選択することが可能になります。そのような居室が並ぶ縁側で囲われた“まち”と居室の領域は曖昧で常に変化するものとなり、“まち”と宿泊者、宿泊者と宿泊者の関係をちかづけます。

Town is that it isn`t someone`s but we can feel we belong to by sharing certain part.
We propose "Youth hostel" like "town".
So we make some private room small as possible as we can and set them on surrounding to make a spacious room.
We call that spacious room "town".
Next we set  some sharing room like bath, toilet, etc. and they are lower than height of the room.
"Town" is partitioned off gently by setting the sharing room and we suit size of partitioned space to space we can gather.
Having done that, we can do various activity in "town" .For example we can talk with some people, we can play Japanese traditional game, Syodo class will be held by day ,  etc  in "town".
Then we set wide Japanese Engawa to connect "town" and the private room gently.
And we make the door of the private room big and able to open and close.
If we open all doors, we can connect to "town" and use their personal space more spacious.
we can chose various way to connect or not to connect by using door.
Therefore the area of "town" and private room will be changing fluidly and flexibly at all time.
Finally "town" connect some guest in diverse way.


Picture1
This is a perspective of Engawa between "Town" and private room. Big doors can open 180° and make communication space.

Picture2
Diagrams of how to make big "Town" and relationship of "Town" and private rooms 

Picture3
Size of "town" and private space is changed flexibly by condition of private room's big door.

Picture4
The "Town" is surrounded by the private rooms. Shower rooms, toilets, etc divide "Town" into various space.
Those spaces are used for theater, lecture party, Japanese traditional games and conversation.

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.