日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2293_1
  • 2293_2
  • 2293_3

Flowing-plan -街区 / あるいは模様替え-

人は誰しも、ある空間を住みこなす術を持っています。
狭い空間も、広い空間も。ついつい使い道を探し、そして見つけてしまうものです。
その点、いたれりつくせりの空間は極めて退屈な空間なのではないでしょうか。
本案では人々の創造的な生活と交流をフレキシブルな空間でサポートします。

不特定多数の人が集まる場所では不特定多数のアクティビティがあります。
数十年先の予測できない活動にも対応し、使われ続けるため
その時々の状況に合わせて、常に動き続けるプランというものを提案します。

まず、フロア全体は水回りを除き、おおらかな一つの空間となっています。
ここに、各人の住まいとしての「環具」を導入していきます。
それぞれの「環具」は個人で動かすことができ、数個の「環具」で囲む L字に「環具」を配置するなど、その時々の要請に従って街区が形成されます。
そして「環具」で囲まれた部分がそれぞれの街区の規模に応じたコミュニケーションラウンジとして機能します。

また、それぞれの「環具」が高い流動性を持ちつつ個室としても機能するためには空調や電気といったインフラの柔軟性が必要になってきます。そこで、フリーフロアのどこからでも、床吹き出し空調と電源がとれるように提案します。

さらに、「環具」は取り入れた空調を効率よく内部に取り込みます。
「環具」の大きさは ほぼベッドの大きさとなっていますが、滞在者の生活スペースは「環具」のレイアウトに従って決まるため、極めてフレキシブルなものとなります。

このように高い流動性を持った空間が、日々動き続けることで、思わぬ出会いや創造性を生むかもしれません。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.