日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2307_1
  • 2307_2
  • 2307_3
  • 2307_4

近年、若者が日本人として異文化との交流や、他者との共有などから離れるようになったのは、諸施設の機能の完結が原因としてあるのではないかと私たちは考えた。
現代の宿泊施設や漫画喫茶、その他生活スペースは、一つの個室で読書・入浴・食事・パソコンなどによって一人の生きるという行為が満足してしまいそこにいるだけで他には何もいらな
い程の快適な生活をできている。
そこで私たちの提案は生活の不便さ、不足さを建築的な一つのユニットとしてあえて提供するということである。それは個人の空間として用意されたものはプライバシーを確保した寝室のみであり漫画喫茶のようなパソコンや漫画、さらには机も椅子もなにもない場だけを提供することにした。その一つのユニットを計画的に配置し、必然的にできた空間はオープンな椅子となり、机となりパブリックな個人的スペースとなる。
これによって生活に不足を見つけ出し、それを補うかのようにそこに住まう人々が外部に出て協力し合って生活を活性させるというきっかけを建築的に作り出した。
またそのユニットで消し去った生きるために必要な豊かさであるキッチンや本棚、バーのような場所を中心のパブリック性の高い場所に分散して配置したことによって、そこの場に人の集まりが期待され、また、ユニットによって分けられた空間を循環することによって、視線や存在、会話の内容などをなんとなく感じつつ、コミュニティが生まれる空間を提供する。

私たちが近頃感じていること、それはあまりにも日本が快適すぎる、ということである。快適に生活できることはとても良い事であるし、恵まれている。しかしそれが幸せであるかどうか、快適な生活におんぶにだっことなりつつある私たちは見極めなければならないのかもしれません。

Affluence.≠ Pleasure.

Concept

These years, young people are unwilling to have a communication with other culture and share the time with others. I think this is because “the function of the facility is completed in its self”
Temporally hotel service and internet café and other relaxation space provide us reading, basing, meal and PC all in private. We don’t have to require for nothing to enjoy life alone with satisfaction.
Out proposal is that we dare produce “inconvenience and lack” as a Unit of the construction.
It means that, neither table nor chair is prepared for the room but it comes with private security and bed.
If you put this unit practically, the vacant room can be “opened chair”, “opened table” as well as “Public space”.
“Lack of life” created by this space makes people go outside to cooperate each other to cover it. This construction is the best opportunity for people to complete the life with cooperation.
And also, as Kitchen, reading place and bar are put in the center public area, we can expect the meeting place.
We produce the community space where People feel others and enjoy the conversation.


Diagrams
One unit is the space for one person to sleep in it, each of these unit was piled up
These are piled up with 2, 3 and divide eh space

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.