日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2314_1

ひとつのおおきな炬燵

初対面の人との会話はわくわくする。

自分の知らない世界を教えてくれる。

いろいろな人と話したい。

でも、たくさんの人と会話をするのは難しい。

おおきな空間にいると、なおさら。

小さな集合の連鎖による、たくさんの人との関わりについて、考えてみる。

随所で小さな会話が生まれ、下町の路地空間のように、全体がつながっていく。

そこは、人と人とを丁寧に結びつける、炬燵のようなあたたかい空間。

おおきな炬燵のあるユースホステルの提案。

私は、大規模ホテルに多くみられる均質空間に疑問を感じる。人々との交流は愚か、自らの寝室以外の利用は少なく、空間全体を認識することが困難となっている。

そこで、いくつかの小さな寝室ユニットをつくり、ユニット内での会話を誘発する。さらに、それらを組み合わせ、間に空間を設ける。路地や土間、縁側空間のように、人々の意思が混ざり合う場となる。

そこへ1枚の大きなテーブルを敷く。これにより、室内には大きく2つの空間が生まれる。

ひとつは、テーブルの下の寝室空間。寝室ユニットと、ヴォイド空間で構成される。広めの空間は土間のようであり、連続した狭い空間は路地のようである。

もうひとつは、テーブル上のコミュニケーションラウンジ。寝室空間のヴォイドがコモンスペースであるならば、テーブル上は、より対象の広いパブリックスペースである。大きなヴォイドの周りは、にぎやかなみんなの炬燵に。小さなヴォイドは、心落ち着く縁側空間に。

小さな集合体による相互の交流は、たくさんの人に共有される形として現れる。現れたヴォイドは、1人から10人、100人と語らい、意思の共有を可能とし、人と人とを丁寧に結ぶ、炬燵のようなあたたかな空間を生む。

物理的にも意識的にも、数々のスケールの空間を共存させることのできる炬燵空間は、日本特有の中間領域を用いた空間構成であり、多種多様な異文化交流の場として相応しいと考える。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.