日本の新しいユースホステルデザインコンペティション

課題「日本文化を触媒とした異文化交流空間」

学生対象

日本の新しい宿泊施設のデザインを募集します

2012 Youth hostel World design competition

主催 株式会社国際交流村

2012 YOUTH HOSTEL WORLD DESIGN COMPETITION

Communication Space as a Catalyst for Japanese
Cultural Exchange

応募作品投票

投票された方には豪華プレゼントを用意しております。
こぞって投票をお願い致します。
I am preparing the gorgeous present for the direction for which its vote was cast. Please all give me vote.
・VAXPOT(バックスポット) アレンジケース 4点セット
・Bag'nBag
・GAMBARU SHOP シークレットウエストポーチ 黒色
・Akafuji あかふじ パスポートカバー [ パスポートケース ]
詳細はこちら
  • 2318_1
  • 2318_2
  • 2318_3

日本には茶道のように日本人の感性を体系化したカタがある。そこで日本人の感性は茶室までの動線や、茶室内での席入りの作法に示され、さらにそこに用いられる畳の敷き方やそれ自体にも表されている。
例えば茶会の際、茶室までの動線は旅にも見立てられ主人により演出される。そして茶室へはどのような身分の人でもすべて腰を曲げ小さなにじり口から中へと入っていく。そこでは主人や賓客へ挨拶をし、まず床の軸などを拝見する。これは主人のもてなしへの感謝と言う感性であり、主人の趣味や茶会の主題を読み取る作法でもある。
ここでは海外からの観光客はフロアについてまず長く暗い廊下を歩いていく。そして靴を脱いで一段あがった小さな入り口を入り、受付のある真っ暗で日本の音によって満たされた空間へとでる。そこでは茶や菓子によってもてなしを受ける。
ここは長旅の中での小休止であり、都市とユースホステルの空間の変換機でもある。
その後観光客は次の廊下を通り畳が敷き詰められた大広間へとでる。そこでは日本の家のカタであるイエガタがネガとして現れるようにボイドされ、掘りごたつの様なコミュニティの場を生み出している。さらにこの大広間の奥にある宿泊スペースには先ほどとは逆に、一畳の畳がイエガタによって囲まれ、一人一人のプライベート空間が生まれている。

このユースホステルで海外からの観光客は日本のカタという体系を通して、日本人の礼の尽くし方や、日本の感性、そしてそれを育んだ文化背景までもを感じるのではないだろうか。

Loading ... Loading ...

copyright © 株式会社国際交流村 all right reserved.